フォトアルバム一覧

2021サマースクール ワイルドキャンプ アドベンチャーコースin北関東

21.08.18

8月10日(火)から12日(木)に、群馬県の宝台樹キャンプ場にて『ワイルドキャンプ アドベンチャーコースin北関東』を開催しました。
今回は、北関東地区の子どもたちと、3日間自然を存分に感じながら過ごしました。

1日目は、あいにくの雨でしたが、団結の証『班旗』を作成しました。
好きな絵を描いたり、名前を書いたり、目標を書いたり、各班素敵な旗が完成!
どの班も絆が深まったのではないでしょうか。
クラフトでは、キャンプファイヤーで使用する鈴を黙々と作っていた子どもたち。
色を塗ったり、毛糸を巻いたり、オリジナルの鈴が完成しました!

2日目は、ダムの放流に伴う川の増水により、午前と午後のプログラムを入れ替えて活動しました。
午前中は一つひとつのミッションをクリアしていく『トレジャーハント』。薪割り・火起こし・テント設営のミッションに挑戦!薪割りのミッションではクリアできるように何度もチャレンジする姿が見られ、上手く割れたときには、嬉しそうな顔がみられました。
また、火起こしで苦戦していた班も火がついたときには、「やったー!」「ついた!」と喜び、初めて経験した子は、「熱い」「すごい」「こうやって火を起こすんだ」と関心している様子でした。
テント設営では、班のみんなで協力し、立てることに成功!
すべてのミッションをクリアし、宝の地図を手に入れることができました。

午後はメインプログラムの『ラフティング』!約10㎞の川下りを「イチ、ニッ!イチ、ニッ!」と力を合わせて漕ぎ進め、無事にみんなそろってゴールできました。流れが速い所や、激しく揺られる所があり、特に斜面を滑る場面では、「ワーッ!」「キャーッ!」と楽しそうな声を上げていました。普段では経験できないスリル満点のラフティングに、子どもたちも大満足!

夜には、待ちに待ったキャンプファイヤー!
代表の6年生3名が井桁に火を灯し、その炎を囲みながらクラフトで作成した鈴を使い、ダンスを踊ったり、歌を歌ったり、楽しいひと時を過ごしました。
最後は、先生からトワリングのプレゼント!間近でトワリングを見て「きれい」「かっこいい」と感動していました。


最終日は、『5つの宝探し』『イニシアチブゲーム』を行ないました。
2日目に手に入れた“宝の地図”を頼りに隠された宝箱を見つけるプログラム。
宝を探しながら、キャンプ場内に置かれた自然のクイズや、班の仲間と協力して課題をクリアする『イニシアチブゲーム』にも挑戦。コミュニケーションをとりながら、クリアできるまで話し合い、協力する姿がみられました。
宝箱を見つけた瞬間は、みんな大興奮!宝箱に駆け寄っていく姿が微笑ましかったです。

2泊3日を通して、自然を存分に感じ、子どもたち同士の絆を深め、充実した時間を過ごせたのではないでしょうか。コロナ禍でのキャンプとなりましたが、子どもたちがのびのびと活動し、成長する姿を見ることができ、
改めて自然環境の中で活動することの意義、人と人とのふれあいの大切さを感じました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

※画像をクリックすると、大きい画像がご覧になれます。